債務整理とは

そもそも、債務整理とはどの様なことを行う事ができるのでしょうか。

債務整理債務整理というものは借金解決のために、国が認めた法的な手続きを言います。その最たるものは、債務を免除してもらう「自己破産」ではないでしょうか。さらに借金を減額してもらう手段として、司法書士や弁護士などに依頼し公的機関を通さない「任意整理」、裁判所に申し立て生活を立て直す「個人再生」、裁判所に仲介してもらい個人で減額交渉を行う「特定調停」があり、それぞれメリットデメリットがあります。

債務整理を行う事の最大のデメリットは、信用情報に事故情報が残ることが挙げられます。自己破産の場合であれば、国発行の機関紙「官報」に記載されるなどあります。しかし、任意整理や自己破産の場合における最大のメリットは、手続き開始と共に取立てが止まることにあるでしょう。個人再生の場合は、理由の追及がなく持ち家を手放す必要がない事が挙げられます。特定調停は、個人でも出来るため費用を抑えることが可能ですが、周りに知られたくない場合不向きとなります。

また法律事務所などで行っている弁護士無料相談サービスを活用することで、自分に適した債務整理の方法を知ることができるだけでなく、餅は餅屋に任せることで交渉をスムーズに行えるメリットもあります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket