無料相談のメリット

債務整理を依頼され業務として行えるのは弁護士か司法書士となります。司法書士の場合、書面による手続きを過払い請求や任意整理を金額の縛りがある状態で取り扱いを行えます。さらに他の手続きにおいては本人の代理ができず書面のみのサポートとなってしまいます。弁護士は、本人の代理として債務整理にかかわるすべての手続きを行えるため業務範囲は広くなるという特徴をそれぞれ持っています。

解決もし、債務整理を法律事務所で検討中であるのなら「ここに頼もう」決めてしまうのではなく無料相談サービスを活用することをお勧めします。なぜならば、法律事務所であるからといって必ずしも自分に合うとは限らないためです。信頼関係はもとより、債務整理を行った後の支払方法などいろいろ自分の中の条件とすり合わせる必要もあります。

また、弁護士への無料相談ができるサービスを行っている法律事務所は、概ね依頼者の心理をわかっています。しかし、昨今の過払い金請求の波に乗り悪質な弁護士も参入してきている現実もあり、それだけで判断するのは危険です。無料相談サービスで話を行う際、メリットのみ並び立てていたり、依頼内容のみで借金完済のアドバイスもなく依頼人に親身にならない弁護士に相談し、問題解決ができるでしょうか?

無料相談サービスは、そのようなことも見ることができるチャンスですのでうまく活用し、自分と相性の良い弁護士と債務の整理を行ってみてはいかがでしょうか。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket