無料相談のメリット

債務整理を依頼され業務として行えるのは弁護士か司法書士となります。司法書士の場合、書面による手続きを過払い請求や任意整理を金額の縛りがある状態で取り扱いを行えます。さらに他の手続きにおいては本人の代理ができず書面のみのサポートとなってしまいます。弁護士は、本人の代理として債務整理にかかわるすべての手続きを行えるため業務範囲は広くなるという特徴をそれぞれ持っています。

解決もし、債務整理を法律事務所で検討中であるのなら「ここに頼もう」決めてしまうのではなく無料相談サービスを活用することをお勧めします。なぜならば、法律事務所であるからといって必ずしも自分に合うとは限らないためです。信頼関係はもとより、債務整理を行った後の支払方法などいろいろ自分の中の条件とすり合わせる必要もあります。

また、弁護士への無料相談ができるサービスを行っている法律事務所は、概ね依頼者の心理をわかっています。しかし、昨今の過払い金請求の波に乗り悪質な弁護士も参入してきている現実もあり、それだけで判断するのは危険です。無料相談サービスで話を行う際、メリットのみ並び立てていたり、依頼内容のみで借金完済のアドバイスもなく依頼人に親身にならない弁護士に相談し、問題解決ができるでしょうか?

無料相談サービスは、そのようなことも見ることができるチャンスですのでうまく活用し、自分と相性の良い弁護士と債務の整理を行ってみてはいかがでしょうか。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

債務整理とは

そもそも、債務整理とはどの様なことを行う事ができるのでしょうか。

債務整理債務整理というものは借金解決のために、国が認めた法的な手続きを言います。その最たるものは、債務を免除してもらう「自己破産」ではないでしょうか。さらに借金を減額してもらう手段として、司法書士や弁護士などに依頼し公的機関を通さない「任意整理」、裁判所に申し立て生活を立て直す「個人再生」、裁判所に仲介してもらい個人で減額交渉を行う「特定調停」があり、それぞれメリットデメリットがあります。

債務整理を行う事の最大のデメリットは、信用情報に事故情報が残ることが挙げられます。自己破産の場合であれば、国発行の機関紙「官報」に記載されるなどあります。しかし、任意整理や自己破産の場合における最大のメリットは、手続き開始と共に取立てが止まることにあるでしょう。個人再生の場合は、理由の追及がなく持ち家を手放す必要がない事が挙げられます。特定調停は、個人でも出来るため費用を抑えることが可能ですが、周りに知られたくない場合不向きとなります。

また法律事務所などで行っている弁護士無料相談サービスを活用することで、自分に適した債務整理の方法を知ることができるだけでなく、餅は餅屋に任せることで交渉をスムーズに行えるメリットもあります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

法律事務所の仕事

法律事務所というと、どのようなことを行っているイメージがあるでしょうか。ドラマのような刑事事件の弁護のみだけではなく債務整理など様々な業務を行っています。

法律事務所法律事務所には弁護士のみで構成されている事務所と、弁護士以外の専門職のいる事務所があり、その事務所ごとにより得意分野が異なります。交通事故が得意な弁護士に債務整理を依頼するというのは、例えるならばプロ野球選手に草野球チームが挑むようなものです。そのため多くの法律事務所においては、弁護士による無料相談を行っています。それでも多くの方が、無料とは言え本当にお金がかからないのか、こんなことで相談してよいのかという疑問や悩みを抱え一人で悩んでいるのではないでしょうか。しかし、家などの大きな買い物を行ったりするときには、多くの会社から見積もりを取り金額と共に、その会社との相性を見るのは当たり前のことなのに、ましてや人対人の話し合いを行うための依頼に相性を見定めずに行うのは疑問符が付きます。逆に無料相談を受け付けている法律事務所は、そのようなこともきちんと考えている事務所で信頼できるともいえます

債務整理をお考えで、相談できる事務所をお考えの場合、依頼できる場所は司法書士・法務・弁護士の3つの事務所となります。しかし、債務整理の方法によっては得手不得手があるため、自分がどの方法で債務整理を行うのかを無料相談などを活用し検討する必要があります。

そのような中で、法律事務所を活用して債務整理を行う方法について次のページで説明します。債務整理をお考え中の方にお役に立てれば幸いです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket